個人事業主の法人化による節税というメリット

個人事業主の方は、経営のことも考えていく必要があるため仕事だけではなく、今後の仕事の方向性なども検討している方が多いと思います。そんな方の中には、「法人化について、検討している」という方もいるでしょう。

法人化することで様々なメリットを得ることができるため魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。では、個人事業主が法人化することで得られるメリット、節税についてご紹介しましょう。個人事業主と法人で仕事をしていくことを考えると、「法人の方が、色々と経費がかかりそう」と感じる方が多いと思います。確かに、法人化すれば、様々な手続きが必要となりますし、新たに人を雇うこともあるでしょうから、「大変そうだなぁ」と感じる方も多いと思います。しかし、実際には個人事業主から法人化をすることで、節税が出来るというメリットがあるのです。

現在、年間所得が500万円となっている方、継続的にこの所得を得ている方であれば、法人化した方がかなりの節税メリットを得られるでしょう。そして、法人化すれば経費として使える幅が増えることになります。自動車や生命保険、仕事をするために使っている自宅、退職金といったものも経費として認められることになるのです。中には、「家族に仕事を手伝ってもらっている」という方もいると思いますが、そんな方は家族への給与も認められることになりますから、かなりメリットが大きいと言えます。「法人化しようか、迷っている」という方は、まずは今の年間所得を考えてみてはいかがでしょうか。500万円以上の所得が続いている方であれば、節税のメリットがかなり大きな魅力となるでしょう。
そのほか、法人化することによるメリットは多用にあります。詳しくは、個人事業主向けのサポートサイトであるこちらで情報を集めてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です