You are here: Home » 個人事業主が法人化によるリスク軽減のメリット

個人事業主が法人化によるリスク軽減のメリット

個人事業主として仕事をスタートさせた時、最初から経営がうまくいった方も少ないと思います。「なかなか、仕事が見つからず、貯金で生活をしていた」という方もいるでしょう。当然、最初から仕事が軌道に乗るとは限りません。そんな個人事業主の方も、少しずつ仕事が増え、軌道に乗せた方もいると思います。ある程度の利益が出てきた方は、「そろそろ、法人化しようか」と考えている方もいるのではないでしょうか。

では、個人事業主が法人化することで得られるリスク軽減というメリットについて、ご紹介しましょう。個人事業主として仕事をしている場合には、家賃や税金の支払いなどは自腹で行った経験がある方も多いと思います。利益が出ないと、当然そうなってしまいますよね。しかし、法人化すれば、こういった経営のリスクを抑えることが出来ます。法人化すれば、出資範囲内の責任者とはなりますが、それ以上の返済などの義務は個人的に責任を負うことはありません。ということは、法人化することでリスクを抑える効果が得られるということです。

しかし、社長の個人名として借入などを行っている場合には、返済義務がありますから、その後も返済を行っていくことが必要となります。保証人となっている場合にも、返済義務が発生することになりますから、それらはあらかじめ頭に入れておくことが必要となるでしょう。このように、個人事業主の方が法人化するで得られるメリットの中には、リスクを軽減できるということも挙げられます。あくまでも、法人として仕事を進めていくことになりますから、個人的な責任などは小さくなるでしょう。その分、会社のトップに立つ人間としての責任は大きくなりますので、並行してやりがいも増えていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です